にっぽんmuseum Result Report

にっぽんmuseum活動報告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2006年2月25日 「食と現代美術part2-美食同源」(BankART1929) 関連プログラム 《晩餐会 矢継ぎ早なドラマ》企画協力

BankART での展覧会「食と現代美術part2- 美食同源」への出展企画として、 2月25日(土)、EAT&A RT TARO(料理)、
住中浩史(空間演出)、水内貴英(陶器)の三人のアーティストと
にっぽんmuseum(企画協力)が特別な晩餐会を演出しました。

題して ≪晩餐会 矢継ぎ早なドラマ≫。

BankART NYK3Fの、普段は使われていない広大な空間を舞台に一夜限りのアート晩餐会です。

2階のギャラリーから狭い階段を上っていくと、
そこには、柱が立ち並ぶ、まるで神殿のような巨大空間があり、
かつてコーヒー豆の貯蔵庫として使われていたという
その空間に設えられた十数メートルの白い長テーブルは配され、
暗闇の中、料理だけを照らし出すような小さな光の下、
次々と運ばれる一口大の料理が運ばれました。

これまでにない奇想天外な晩餐会に
ご来場の方々から大変興味深かったとの嬉しい感想を頂きました。


晩餐会の模様
晩餐会1

晩餐会3

晩餐会2



準備中のスタッフ
晩餐会準備中

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。