にっぽんmuseum Result Report

にっぽんmuseum活動報告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2005年12月3日 メールマガジン公開録音 in BankART1929

にっぽんmuseumでは、毎週木曜日メールマガジンを発行してます。
<アートシンクタンク通信>→http://www.mag2.com/m/0000174341.html


このメールマガジンで好評連載中の、「~Les Clefs d'Art=アートの鍵~
五十嵐太郎編」公開録音イベントを横浜BankART1929にて開催しました。

BankART1929では、「BankART Life-展覧会場で泊まれるか?」と題して、全館を24時間、昼は「展覧会として」、夜は「くつろぎの場所 として」開放し、話題を呼んでいた展覧会の会期中でした。

その中で、作家の原稿執筆時に度々行われる「缶詰」をコンセプトに、テキスト生産の場としての空間設営を行った岡崎乾二郎の作品《甲羅ホテル》に陣取り、五十嵐さんを囲んで、計2時間、建築に関するレクチャーが行われ、文字通りテキスト生産としての場が展開されました。


バンカート外観

BankART1929の外観。

ba

18時を少し回って、3F展示会場奥の岡崎作品にて公開録音スタート

公開録音1b

ゼミ合宿の様なアットホームな雰囲気で建築キーワードのレクチャーが進められた。

公開録音中BA2

パソコン上の原稿を見ながら話す五十嵐さんとメモを取りつつ真剣に耳を傾ける参加者の方々

質疑応答

休憩中、参加者からの質問に答える五十嵐さん

会場全体

徐々に人が増え、終了間近には縁側で聴講する人も。

バンカートより夜景

終了後は美しい港の夜景に臨むBankART Studio NYKに場所を移し、飲み会。建築など様々な話に花が咲く。 五十嵐さんはこのままBankARTに宿泊。
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。