にっぽんmuseum Result Report

にっぽんmuseum活動報告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2006年11月4日地域ソムリエ養成講座 体験コース<新富・築地編>

2006年11月4日地域ソムリエ養成講座 体験コース<新富・築地編>が行われました。

築地は、人形町や神保町と並んで震災復興の銅板商店建築が多く建てられた地域として知られ、点在する銅板の建物は貴重なものです。

当日は、にっぽんmuseum顧問の上山信一さんも参加、
名古屋からは愛知芸術センターの高木さんも駆けつけてくださり、
秋の気持ちのよい風に吹かれながら、皆で楽しく街を歩きました。


shint1

新富町の駅前に集合。ここで先ず講師の斉藤先生から街全体をひとつの「建築博物館」のようにプロデュースできる人材<地域ソムリエ>についての説明を聞きます。

shint2

駅前にはさっそく、スクラッチ・タイルがはめられたアール・デコ調の建物があります。

shint4

その道向かいには、本日最初の銅版葺き建築。
大きな建物に挟まれた健気な姿を持つこの様な建物を、
「凹建築」と斉藤先生は名づけたそうです。


shint3

受講者の方は、配布された地図に講師の解説や気づいた事をどんどん書き込んでいきます。

shint5

夏に建築写真講座でも取り上げた喜久屋ビル。
鉄の囲いも出来、取り壊しが間近に迫っている様です。



shint6

建築写真講座で撮影した建物内部の写真。
今では貴重な資料です。


shint7

喜久屋ビルの角を左折したところに、古い足袋屋さんがあります。
ショーウィンドウの中に襖があり、凝ったつくりが印象的です。


shint8

築地の一歩手前の地域は、低層の古い建物が多く残り、昔の街並みを偲ぶ事が出来ます。

shint9

アーチの装飾が特徴的な築地の小学校。

shint10

ギリシャ様式とキリスト教会という珍しい取り合わせが目をひく教会堂。

shint12

宿として活用されている、古い日本家屋。

shint13

鶏小屋を路上に持ち、今でも飼育中の銅版建築のお宅。

shint14

木製の枠がレトロな雰囲気を醸し出す昔懐かしの床屋さんの看板。

shint15

shint16

本日最終地、宮川精肉店。
角地三階建ての銅版葺き建築で、堂々とした店構え。
花模様の装飾が華麗です。
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。