にっぽんmuseum Result Report

にっぽんmuseum活動報告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2006年10月7日地域ソムリエ養成講座 体験コース<淡路町編>

2006年10月7日地域ソムリエ養成講座 体験コース<淡路町編>が秋晴れの下開かれました。
今回はこの街に多く残る銅版建築物を巡りました。


awa3

1件目の銅版建築物。日の光をうけた銅版が美しい。


awa4

awa5

awa6

講師の斉藤さんが描いた地図に、受講者の方それぞれが気づいた点を書き込んでいきます。
地図に自分なりの視点で書き込むことが、「地域ソムリエ」への一歩だと斉藤さんは語ります。


awa7

awa8

マンサール屋根が人々の目を引く昭和の建物。

awa9

今回の講座は、銅版建築など、昭和初期に建てられた建物がどんどんと壊されていく中、
名も無き名建築を如何に残していくか、という事もテーマの一つ。
ここでは、今なお健気に残る定食屋さんの隣で鉄骨のビルがまさに建てられようとしている。


awa11

awa12

一つの面に複数の文様が彫られ、職人のこだわりが伝わってくる。

awa13

awa14

戦災を免れ、屋根の造りが荘厳な昭和初期の木造のお宅にテルテル坊主の大群を発見。
明日は遠足でしょうか・・・


awa15

awa16

awa17

awa18

気をつけて歩けば、街の中はたくさんの興味深い建物でいっぱいです。

awa19

awa21

awa20

万世橋。ここからは初期の様々な鉄骨技術を臨む事が出来ます。

awa22

万世橋と紅葉を絵に描いている方々。

awa23

大きなビルと小さな看板建築の対比が印象的な風景。(記/川野)
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。