にっぽんmuseum Result Report

にっぽんmuseum活動報告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2008年前期 子ども向け美術館ワークショップ「みて つくって かざる。」

子どもたちと一緒に美術館を訪れ、本物の作品を鑑賞、そこで受けたインスピレーションをもとに別室で制作を行うワークショップ「みて つくって かざる。」は、2008年前期以下の日程で行われました。
4月19、26日 5月24、31日 6月28日 8月9日


①4月5月のワークショップでは上野の国立西洋美術館常設展のポール・シニャックの傑作≪サン=トロペの港≫ 1901~1902年を取り上げました。
サントロペ

美術館に行って、作品を観る前に、中景、後景部分が白紙状態でプリントされた画用紙を渡されます。そこに子どもたちが自由に描き、その後美術館へ。自分の描いた作品とどう違うのか考えました。その後別室にてシニャックがこの絵画で用いた技法点描を体験しました。筆などで線で描くことに慣れている子どもたちにとって、点で描く技法は新鮮であったようです。
点描1
点描2


②6月、8月のワークショップでは上野の国立西洋美術館にて開かれていたカミーユ・コロー展を訪ねました。
コロー

コローの絵を観ていると、どこからともなく風が吹いたり、木々がざわめいたり、水が流れたりという静かな音が聞こえてきます。それを一緒に感じ、聞こえてきた音をぼかし絵にしました。色彩が強い絵にひかれる傾向にある子どもたちにとってコローの絵は、最初に観た時はいささか退屈そうでしたが、「よくみて!!絵から音が聞こえてこない??」などと聞いてみると目をこらし、「水の音が聞こえてくるよ!!」と嬉しそうに話してくれた女の子がいて、とても印象的でした。
流し絵
ぼかし絵

スポンサーサイト

PageTop

にっぽんmuseum活動報告 目次

PageTop

最新の活動

2006年10月7日 第2回建築お菓子講座

大好評の建築お菓子講座、今回は国際フォーラムをお菓子にしました!
第2回建築お菓子講座

国際フォーラム



2006年10月22日後期建築写真講座 第1回横浜郵船ビル編
下村先生の温かい人柄に触れ、リピーターも多い建築写真講座。
今回は昭和初期に建てられ、とりわけ列柱の荘厳な「横浜郵船ビル」を撮影します。

横浜写真講座第1回



2006年11月5日後期建築写真講座 第2回目横浜郵船ビル編

第2回目は、下村先生のアドバイスのもと、本格的に建物を撮影しました。
横浜写真2回目

PageTop

2006年11月4日地域ソムリエ養成講座 体験コース<新富・築地編>

2006年11月4日地域ソムリエ養成講座 体験コース<新富・築地編>が行われました。

築地は、人形町や神保町と並んで震災復興の銅板商店建築が多く建てられた地域として知られ、点在する銅板の建物は貴重なものです。

当日は、にっぽんmuseum顧問の上山信一さんも参加、
名古屋からは愛知芸術センターの高木さんも駆けつけてくださり、
秋の気持ちのよい風に吹かれながら、皆で楽しく街を歩きました。


shint1

新富町の駅前に集合。ここで先ず講師の斉藤先生から街全体をひとつの「建築博物館」のようにプロデュースできる人材<地域ソムリエ>についての説明を聞きます。

shint2

駅前にはさっそく、スクラッチ・タイルがはめられたアール・デコ調の建物があります。

shint4

その道向かいには、本日最初の銅版葺き建築。
大きな建物に挟まれた健気な姿を持つこの様な建物を、
「凹建築」と斉藤先生は名づけたそうです。


shint3

受講者の方は、配布された地図に講師の解説や気づいた事をどんどん書き込んでいきます。

shint5

夏に建築写真講座でも取り上げた喜久屋ビル。
鉄の囲いも出来、取り壊しが間近に迫っている様です。



shint6

建築写真講座で撮影した建物内部の写真。
今では貴重な資料です。


shint7

喜久屋ビルの角を左折したところに、古い足袋屋さんがあります。
ショーウィンドウの中に襖があり、凝ったつくりが印象的です。


shint8

築地の一歩手前の地域は、低層の古い建物が多く残り、昔の街並みを偲ぶ事が出来ます。

shint9

アーチの装飾が特徴的な築地の小学校。

shint10

ギリシャ様式とキリスト教会という珍しい取り合わせが目をひく教会堂。

shint12

宿として活用されている、古い日本家屋。

shint13

鶏小屋を路上に持ち、今でも飼育中の銅版建築のお宅。

shint14

木製の枠がレトロな雰囲気を醸し出す昔懐かしの床屋さんの看板。

shint15

shint16

本日最終地、宮川精肉店。
角地三階建ての銅版葺き建築で、堂々とした店構え。
花模様の装飾が華麗です。

PageTop

2006年10月7日地域ソムリエ養成講座 体験コース<淡路町編>

2006年10月7日地域ソムリエ養成講座 体験コース<淡路町編>が秋晴れの下開かれました。
今回はこの街に多く残る銅版建築物を巡りました。


awa3

1件目の銅版建築物。日の光をうけた銅版が美しい。


awa4

awa5

awa6

講師の斉藤さんが描いた地図に、受講者の方それぞれが気づいた点を書き込んでいきます。
地図に自分なりの視点で書き込むことが、「地域ソムリエ」への一歩だと斉藤さんは語ります。


awa7

awa8

マンサール屋根が人々の目を引く昭和の建物。

awa9

今回の講座は、銅版建築など、昭和初期に建てられた建物がどんどんと壊されていく中、
名も無き名建築を如何に残していくか、という事もテーマの一つ。
ここでは、今なお健気に残る定食屋さんの隣で鉄骨のビルがまさに建てられようとしている。


awa11

awa12

一つの面に複数の文様が彫られ、職人のこだわりが伝わってくる。

awa13

awa14

戦災を免れ、屋根の造りが荘厳な昭和初期の木造のお宅にテルテル坊主の大群を発見。
明日は遠足でしょうか・・・


awa15

awa16

awa17

awa18

気をつけて歩けば、街の中はたくさんの興味深い建物でいっぱいです。

awa19

awa21

awa20

万世橋。ここからは初期の様々な鉄骨技術を臨む事が出来ます。

awa22

万世橋と紅葉を絵に描いている方々。

awa23

大きなビルと小さな看板建築の対比が印象的な風景。(記/川野)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。